PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仔猫ラッシュが来る前に

避妊・去勢手術をするにあたって 悩む人は多いはず

保護の数だけ 避妊・去勢手術に連れて行ったことがある私でも
慣れることはなく 毎回 説明を受けている間 わかっているのに涙が流れる

だ~ちゃんを保護する時 家族の説得に半年かかってしまいました

なぜなら 家にはすでに両親が溺愛するぺるるがいたから・・・

そして ご飯をあげ続けた両親に だ~ちゃんも威嚇を続け 慣れることがなかった

そんなだ~ちゃんを家に迎えることに 両親も不安を感じていたんだと思います

両親と話し合いを重ね 私の部屋に隔離することと里親さんを探すことを条件に
やっとだ~ちゃんを保護できたけれど 避妊手術の説明の間 涙が止まらず
どうしてもその日 手術を受けさせることができなかった

nyanko5511.jpg

幸いなことに すぐに迎えたいと希望される里親さんが見つかり
避妊手術は里親さんの元でという約束で 嫁入りしただ~ちゃん

この時 誰もだ~ちゃんのお腹の中に小さな命が育っていることに気がつかなかった

だ~ちゃん自身が小さかったこと
長毛でお腹が大きくなっているのがわかりにくかったこと

何より 里親さんにも馴染まず ソファーの下に篭城し続けたことで
体の変化に気がつきにくかったことも重なり 予定していなかった小さな命が誕生しました
「猫増えてる」騒動を見てみる

たぶん気がついていたとしても 悩んだ上で産ませていたと思うけれど・・・

nyanko5506.jpg

命の誕生は嬉しいことです

子どもを産ませてあげたいと願い 生まれてくる子の将来を
計画できるのなら ただただ幸せな瞬間です

・・・ですが だ~ちゃんの場合は 突然の現実を目の前に
小さなこの子達に優しい里親さんを探してあげられるか 不安ばかりで
避妊手術を受けさせなかった自分を責め
可愛いと感じながらも 心から喜べなかった

手のひらサイズの仔猫達よりも 私の心は小さく
仔猫を乗せている手のひらよりも 私の心は狭かった

nyanko5507.jpg

命の誕生は その命に対する責任が伴います

責任と聞くと冷たい気もしますが 自分が生涯お世話をできないのなら
その子にとって幸せな将来を考えてあげるのは当たり前のことだと思うんです

nyanko5508.jpg

だ~ちゃんの子どもは 母や兄弟との暮らしの中で
学ぶべきマナーを覚えた3ヶ月頃を目処に ちゃっぷを残し
避妊手術の約束を交わして 里親さんの元に巣立っていきました

nyanko5509.jpg

ではナゼ だ~ちゃんの孫がいるのか?

まだ仔猫だからと タイミングを誤ってしまったから・・・

仔猫はあっという間に大人になる

多頭飼い崩壊や仔猫の遺棄の話も珍しくない

始まりは ちょっとした考えの甘さからなのではないかと思います

nyanko5510.jpg

小さい命は 1年を待たずに増えていきます
だ~ちゃんは生後約8ヶ月ほどで 4匹を産み
だ~ちゃんの子ども1匹も 同様の月日で 4匹を産みました

だ~ちゃんの子ども全てに子どもができたら 2年経たないうちに

 ∟
 ∟
 ∟
 ∟
 ∟

こんなに大家族になる

生まれて来たからには その子が持って生まれた寿命を穏やかに生きて欲しい 

避妊手術は可哀相・・・ よくそう言われますが
避妊手術は 子どもを産ませないためだけではありません
乳腺腫瘍・子宮蓄膿症・卵巣腫瘍または精巣腫瘍を予防できる可能性がある
産ませる予定がないのであれば 早めに手術をすることで
病気の発生率を下げられるかもしれない

今日 私らしくない長文で伝えたかったこと・・・

これから 地域猫の仔猫ラッシュを迎える前に
地域で活動している人たちへの理解と協力を願い

多頭飼い崩壊なんて悲しいことが起きない世の中になって欲しい

悲しい子を増やさないよう
きちんと先を考えて行動をしていきたいですねっていうこと


捨てていい命なんて ないから・・・

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ ぽちっ☆
ポチッと応援してくれたら嬉しいのニャ
関連記事

| 保護猫 | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

こんばんは

う~ん、手術をするのがかわいそう、と
しないのは(後々)かわいそう、と
天秤にかけて。
うちでは手術をしましたよ。
この天秤にかける一方が(後々)ってところが
厄介なのかもしれませんね。

| shah-sanさん | 2014/08/19 | URL |

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

私自身、正直なことを言えば不妊去勢手術はしたくないというい思いが強いです。メリットについても十分理解しているつもりだけれど、それでも、自然のままにしてあげたいと思ってしまう。

 けれど、そういう環境ではない中で生きていかなくてはならない私とニャンコたちだもんね。せつない思いをしながらも手術に踏み切っています。
 でもね、おなかの中にいることがわかっている子を中絶させることには…どうしても踏み切れなかったな。

 だ~ちゃんの赤ちゃん、もしもだ~ちゃんの妊娠に気づいていたら、ちゃっぷさんはいなかったんだよね。
 こんなかわいい子が、生まれることを許されなかったのかも…と思ったら泣けてきた…。
 nekobellさんのお家だから、生まれてくることができたのだと思うとちゃっぷさんは強運の強い子だったんだよね。

 生きるために生まれてくる命を、本当に大切にできる社会であってほしいよね。
 保護猫活動の現場は、シビアです。きれいごとだけでは済まないことばかり…私には何ができるかを考えることで小さな命を守っていかれたらと思う今日この頃です。
 

| まめはなのクーさん | 2014/08/19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| さん | 2014/08/19 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| さん | 2014/08/19 | |

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

だ~ちゃんも、周りの方もドタドタ大変でしたね!
そして、ちゃっぷさんが幸せそうで何よりです^^。
悲しい仔猫さんがたくさん増えないように、
そして、生まれた子猫が、
1にゃんでも幸せになれるような、世の中がいいですね!!!!
うちも元野良猫なので、イロイロ考えてしまいますね・・・

| しっぽさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

おはようございます。だ~ちゃんのお腹の中にまさか赤ちゃんが宿ってるなんて・・・
発覚した時は相当ビックリだっただろうな…
嬉しい事だけど、頭数が増えるって事はそれだけ大変で責任がかかるって事ですもんね。
可哀想だから避妊去勢をしないって方は、ちゃーんとその生まれた子の管理まで出来るのかな?って言いたいですね。
何度も妊娠を重ねちゃう子、そして病気のリスクだっていろいろ問題が出て来ますよね。

多頭飼いの崩壊、見ていて本当に悲しくなります。栄養も足りない様な状態な親猫に子猫・・・そんなのが幸せなんて言えない。外猫さんは、また過酷な世界(涙)

少しでも悲しい子が減る世の中になって欲しいですね。

| ちかさん | 2014/08/19 | URL |

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

そうですね。いろいろうなづいてしまいます。
うちの子も7ヶ月で保護当時子供がいたけど、
病院での初期処置の際にも発見できず、低体重で、ひどい猫風邪もあり
瀕死の状態になってから妊娠がわかりました。おなかの子達は助かりませんでした。
うちもねこべー同様、おうちに入れる決意をし、準備をするまで3ヶ月かかり
一番寒い時期に長く待たせてしまいました。
あの時スグに家に入れていれば、妊娠することもなく
大手術になることもなかったのに、と思います。
一番かわいらしい時期を寒い外で暮らさなければならかったから
その後の時間は不安もなく、好きなように、愛いっぱいで一緒に暮らそうって。
私の生活は本当に変わりました。

私が細々と支援している猫保護団体は中絶をしていません。
野良猫のエコーはとれない、という獣医さんもいます。
でも、できるところもあるのです。一般扱いになるので費用はすごくかかりますが。

上記団体の譲渡会待ちの仔猫の数、預かりさんが抱えている仔猫の数は
ちょっとやそっとではなく・・・まま猫も基本的にリリースはしないでおうちを探すので
預かりさんの負担はいかほどかと思います。
でも、そういうところだからこそ、支援しています。
人間の都合でする動物の出生コントロール。
もし同じことを思春期の人間の子にしたらどうでしょう?
人口が増えてもそんなことはありえません。
だったら何故それを動物にするのでしょうか?


ねこべー含めそれを最小限にしようとしている熱意と行動されている皆さんには頭が下がります。

| Kさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

タヌキは

タヌキ算で増えます

要注意 v-12

| ゲンタくんのパパさん | 2014/08/19 | URL |

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン
今の世の中、年々変なニンゲンも増えてきてますし
昔のように、田舎のように、のんびり平穏に共存
が難しくなってきてますしね。(他の動物さんも)
我々が守るとしても、腕はひとり2本しかないですし、
先の事しっかり考えないとダメですよね。
お猫様達も病気や怪我のリスクを減らすためにも
避妊去勢は大切なことですよね。(*゚ー゚*)

| non☆(@'ω'@)たんさん | 2014/08/19 | URL |

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

上手に言えなくて・・・誤解されちゃうかもしれないけど・・・
おねえも生まれてくる命に責任がもてないから不妊手術はするけど・・・
昔不妊手術の概念がなくて不妊手術していないにゃんこ暮らしていたことがあるんだぁ。
うんとうんとちっちゃい時だけど・・・
にゃんこって子猫生んでもお家で守ってくれるからみんな育つでしょ。そうすると最初は数匹生んでたのが、2,3匹しか生まないようになるんだって。おねえが一緒に暮らしていた子たちだけだったのかもしれないけど・・・もちろん他頭飼育のような生命が安心して暮らせないような環境、それぞれの個体のもつ縄張りとか本来の生態系の本能が満たされないような状況では違うと思うけれど。
人と暮らす以上、その命に責任が持てない以上は不妊手術することは大切だと思うけど、もしかしたら生き物に人間が関わること自体が間違いなんじゃなんかって思うこともあるんだって・・・
ワンや鳥さん、他の生き物もそうだけど、人間のおごりから色々な品種交配でできた動物さんたち最近見かけることが多くて・・・以前ワンのトレーニングされてる方とお話したことがあるんだけど、最近のコリーは頭が悪い子が多いんだって、人間が顔が細いコリーを好むから、脳の容積が昔と比べて小さくなってるんだって。何かそんなこと考えると・・・人間って何なんだろうとか考えちゃうこともあって。
お話違うお話になっちゃってごめんにゃ。

| Gaviさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

私も寅吉の去勢手術をする時にいろいろと調べました。
我が家の場合は外猫さんとは事情が違い、完全に室内飼いにするために、人間の都合で去勢手術をするようなものかと、かなり悩みました。
ただいつか発情期を迎え、お外に出て行きたいのに出してはもらえず、ひたすらその時期を我慢させるのはやはり寅吉にとっては幸せな事とは思えず手術をしました。

この時に考えたのは、一昔前のように猫が外で自由に生活できる環境が少なくなってしまったために、完全室内飼いをしなくてはならなくなってしまったのではないかという事です。

もちろん猫が嫌いな人、鳥が嫌いな人、虫が嫌いな人、いろいろな苦手があって当然です。
でもこの地球上の命を人間の好き嫌い、都合にあわせる必要があるのでしょうか?
愛玩犬、吠えない犬、綺麗な鳥、さらには美味しい肉、魚・・・。
営々と人間と共に生きてきた命が、いつか人間の必要とする種類と数だけに絞られていくような気がして、とても恐ろしく感じます。

現代では、外猫さんの去勢・不妊手術は不可欠だと思います。
可哀想な外猫さんを増やしてはならないと思います。
知恵を持つ人間が、動物の体に傷をつけずにうまく共存できる世の中に戻せるよう努力する事も大切ですね。

うまく言葉にできなくてすみません。
でもnekobellさんが問題提起してくださった事で、たくさんの皆さんのお考えを伺う事ができました。
ありがとうございました。
事後報告になってしまいましたが、「ちゃっぷだぺ~」をお気に入りブログに登録させていただきました。
これからも楽しい記事を読ませてくださいね!

| まこままさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

特にメスは早いですよね!
まだ子猫と思ってたら、お腹にいた。
っていうの、けっこう見聞きします。
子猫はかわいいんですけどね~
住宅街であんまり増えちゃうと…猫嫌いな人もいるし、悪い人もいるし…
フクザツです…

| かわさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

何の問題も無い健康な体にメスを入れるのだから
複雑な気持ちになりますよね・・・
ただ避妊・去勢手術によって得られるメリットもある・・・
避妊・去勢手術は人間のエゴかもしれないけど
責任という事を考えると必要なことだと思いますね。
不幸な猫さんを増やさない為にも・・・

| ニャーヨさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

悩みますよね~、切実に。
だってりゅうじの子を産ませてたら2世がとか考えちゃいます。
親子で一緒に生活できたりなんてのも夢見たりしてました。

でも獣医さんと話をして、病気と言うリスクを聞いてから
きちんと決断できたと思ってます。

きっとさくらに子供を産ませてたら、子供を里子に出せないと思います。
そんなことをしたら、猫だらけ。。。

人間のエゴなのかもしれないけど、
一緒に暮らしていけるようにリスクを減らしてあげることも大事。
一緒に生活できるのも縁、できるだけ長く一緒に居たいですもんね。

猫を家の中だけで飼うなんて可哀想と一緒だなーと感じちゃいました。
逆に自由にしてて、ある日から帰ってこない方が辛いのにと。

| TNH総監督さん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントだニャン(≡゚∀゚≡)

これが正解と言うものはないのでしょうが・・・

やはりまず命に対する責任ということを考えます。
今はお外で自由きままに暮らせるような環境ではありません。
親猫と子猫と子猫の子猫とさらにその子猫も・・・
里親さんが見つからない場合、そのすべてを責任もって終生飼うと言うのでない限り、やはり手術をするしかないと思います。

エイズキャリアの幸多は手術のリスクが高いので心配でしたが、家猫にすると決めた時から去勢手術をすると決めていました。
元野良ゆえに脱走した時にケンカをして相手猫をエイズ感染させる可能性、先住雌猫を追いかけまわすことなどは、絶対に避けなければならなかったからです。
子供を産ませる産ませないと言う理由からではありませんでした。

また、ご存知の通り、リックは不妊手術は可哀そうだからしない!と言う飼い主さんの元に生まれました。
結局多頭崩壊し、リックのお父さん犬もお母さん犬も兄弟犬も処分になってしまいました。
生まれた命を殺すくらいなら不妊手術をして下さい!と叫びたい思いでした。

人それぞれ考えも違うし、状況も違うので悩みますよね。
でも、その中で一番良い方法と思えるものを決めていくしか無いと思うのです。

| woojyanさん | 2014/08/19 | URL | ≫ EDIT

コメントありがと〜( ´ ▽ ` )ノ

コメントをくれたみなさんへ

だ~ちゃんの妊娠が事前にわかってたら 悩みはしたでしょうけれど 産んでもらっていたと思います。
時間の猶予がある分 心の準備ができることで だ~ちゃんが出産しやすいように もう少し準備やケアができたのにな~って。
そしたら もっといっぱい可愛い仔猫の写真も撮れたのに(T_T)

みなさんのそれぞれの思いや経験のコメントでもわかるように 正解はないと思います。
決断すべき時に 家族とその子にとって 最良であると家族が判断した結果であれば それが一番なのではないかな~と思います。
そして みなさんのコメントが 今 避妊・去勢手術を悩んでいる人たちの参考になってくれたら嬉しいですね。

発情時は 独特な声で鳴き続けたり 食べる量や睡眠時間が少なくなることで 消費エネルギーが増え 疲労が蓄積され ストレスになるとも言われています。
その発情を繰り返すことで 疲労を回復する時間がとれずに体重が減ってしまう子もいます。
発情は自然なことです。
ですが 発情と出産を繰り返すと体力的にも負担がかかる。
ましてや 欲求を満たせない発情は ストレスになると思うんです。
ストレスは 私たちでも経験があるように 免疫力が落ちたり 体にいい事ではないですよね。
そういうことも知った上で 手術をするかどうかの判断のひとつにしていただけたらな~と思います。
コメントをいただいたように「生き物に人間が関わること自体が間違いなんじゃなんか」と 私も思っています。
人間が自然界の生き物に関わり 本来の土地から連れ出しては増やし ブームが去れば捨てられ 増えたといえば駆除される。
猫だけに限らない話ですよね。
猫が外で自由に生活できた頃・・・ 車も少なく 自然も多かった。
そして 何より人間が人間の欲しがる種を作り 大量に産ませ 捨てられる子も増えた。
中には 先天性の病気を持つ種の子。
人の助けがないと自然界では生きていけない種の子。
なんともいえない気持ちになる。
うちの子たちも 元々は捨てられて 痩せこけて小汚い仔猫だった。
一昔前なら 野良猫にブルーアイや長毛の子を見かけることなんて 珍しかったと思うけど ちゃっぷだぺ~に遊びに来てくれる方たちの中にも
元保護っ子とは思えない可愛い子たちと
暮らしているお家がある。
お家で一緒に暮らしている子は 家族です。
多頭飼い崩壊にだけはなって欲しくない。
まずはお家の中から 行き場のない悲しい子を
増やすことだけでも止めたい。
お家は 安心で温かい場所であって欲しいから・・・

| nekobellさん | 2014/08/20 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chapdape3.blog89.fc2.com/tb.php/1061-0b1fe5ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT